So-net無料ブログ作成
CDの感想 ブログトップ
前の10件 | -

Al Sterwart 『Uncorked Al Sterwart Live』 [CDの感想]

 久々のライブ盤。70年代中期から80年代にかけての曲が多い。ヒット曲・代表曲を微妙にはずした選曲なので、長年ファンだという人向け。
 そうそう書き忘れてたけど、アンプラグドなアコースティック・ライヴだ。

Uncorked Al Sterwart Live

Uncorked Al Sterwart Live

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Liaison Music
  • 発売日: 2010/03/09
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Rolling Stones 『Black and Blue』『Sticky Fingers』 [CDの感想]

 リマスターされて音の分離がよくなった感じ、特にギターの音がくっきりした。
 どちらのアルバムにも、シングルカットされていない、後々ライヴで取り上げられていない曲に良い曲が有る。

Black and Blue

Black and Blue

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Virgin Ben
  • 発売日: 2009/05/05
  • メディア: CD



Sticky Fingers

Sticky Fingers

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal
  • 発売日: 2009/05/05
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Jeff Beck 『ライヴ・ワイアー』 [CDの感想]

 foobarにより、全音楽ファイルをDB化してこのアルバムが抜けていることに気付いた。
『Blow by Blow』と『Wired』が好きな人には必携のアルバムだと思う。買ったのはDSDマスタリング日本盤で、音質も良く大満足。Jeff Beckでは他に『ベック・ボガード・アピス』も抜けていたので今度買ってこよう。

ライヴ・ワイアー

ライヴ・ワイアー

  • アーティスト: ジェフ・ベック
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2006/02/22
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

YES 『イエスソングス(紙ジャケ SHM-CD)』 [CDの感想]

 リマスターによりマスターの音がより忠実に再現できるようになったため、マスターのあらが目立ってしまった。残念。紙ジャケのアートワークは最高。

イエスソングス(紙ジャケ SHM-CD)

イエスソングス(紙ジャケ SHM-CD)

  • アーティスト: イエス
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2009/07/22
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Walter Becker 『Circus Money』 [CDの感想]

 ベッカーの前作『11 Tracks Of Whack』があまり特徴のないものっだったのに比べ、ベッカーらしさが出ているようで本作品のほうがずっと良い。

Circus Money

Circus Money

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sonic 360
  • 発売日: 2008/06/10
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Boz Scaggs 『Speak Low』 [CDの感想]

 前作に続いてスタンダードナンバーを歌ったアルバム。わー知らない曲ばかりだ。

Speak Low

Speak Low

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Decca U.S.
  • 発売日: 2008/10/28
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Al Stewart 『Sparks of Ancient Light』 [CDの感想]

 相変わらずのAl節だ。数年に1枚のペースだがコンスタントにアルバムを発表してくれている。

Sparks of Ancient Light

Sparks of Ancient Light

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI
  • 発売日: 2008/09/16
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Traveling Wilburys 『The Traveling Wilburys Collection』 [CDの感想]

 CD2枚+DVD1枚。
 DVDでの楽しそうな雰囲気どおりの作品。一番いい声なのはOrbisonだが、一番目立つヴォーカルはDylan。
 Dylan関係、Beatles関係、E.L.O.関係の本・記事でWilburysの扱いはたいてい小さいが、無視すると損だよ。

The Traveling Wilburys Collection

The Traveling Wilburys Collection

  • アーティスト: The Traveling Wilburys
  • 出版社/メーカー: Rhino
  • 発売日: 2007/06/12
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

George Harrison 『Living in the Material World』 [CDの感想]

 Georgeが最も宗教的だった頃か。Georgeにとって宗教的とは、偉大なものと共にあると感じることだと思う。派手さは無いがしみじみと良い作品。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

E.L.O. 『On The Third Day』 [CDの感想]

 E.L.O.の三作目。E.L.O.の初期はクラシックとポップの融合を目指していたようだが、後期は良質のポップになっていった。私は後期のほうが好き。

第三世界の曙(紙ジャケット仕様)

第三世界の曙(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: Electric Light Orchestra
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2006/09/20
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - CDの感想 ブログトップ