So-net無料ブログ作成
SF・ミステリなど ブログトップ
前の10件 | -

山田正紀 『バットランド』 [SF・ミステリなど]

SF短編集。
どれもあと一歩で傑作というなかなか高レベルな短編集だ。
本気でSFを書こうとしていることが伝わってくる。

ただ、登場人物の行動原理・人物像がいつもの山田正紀作品共通のものだ。
それが良いと思う人にとっては良い作品集だろう。

バットランド

バットランド

  • 作者: 山田正紀
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/05/25
  • メディア: 単行本



タグ:山田正紀
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

大森望・日下三蔵編 『年刊日本SF傑作選 アステロイド・ツリーの彼方へ』 [SF・ミステリなど]

最高の年刊傑作選は、気に入った作家の作品をもっと読みたくなるものだと思う。

本書は、そこまでのレベルではなくて、
素敵な短編が読めて良かったなあというレベルだ。

まあ、良いSFが読めたので満足だ。

アステロイド・ツリーの彼方へ (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

アステロイド・ツリーの彼方へ (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/06/30
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ブライアン・セルズニック 『ユゴーの不思議な発明』 [SF・ミステリなど]

グラフィックノベル。

ありふれたファンタジーにならなかったのは、
メリエスへの愛ゆえだろう。

ユゴーの不思議な発明(文庫) (アスペクト文庫)

ユゴーの不思議な発明(文庫) (アスペクト文庫)

  • 作者: ブライアン セルズニック
  • 出版社/メーカー: アスペクト
  • 発売日: 2012/01/25
  • メディア: ペーパーバック


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ダン・シモンズ 『殺戮のチェスゲーム』 [SF・ミステリなど]

娯楽大作。文庫本3冊で計1600ページ以上。
何年もかけて休み休み少しずつ読んだ。
途中でやめるのはもったいないと思った。そのレベルには達した作品だ。

良心を持たない邪悪な老超能力者たちが、他人を自由に操ってやりたい放題だ。
最終的にはそいつら同士で覇権を争い殺しあったりする。

それに立ち向かうのは黒人女性とユダヤ人だ。
ホロコーストや人種差別が背景にある。
いや、背景というよりそれに乗っかって邪悪な超能力者たちが
ひどいことをするわけだ。

最後に正義は勝つのだが、ホラーの定石として…

殺戮のチェスゲーム(上)

殺戮のチェスゲーム(上)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1994/11/28
  • メディア: Kindle版



殺戮のチェスゲーム(中)

殺戮のチェスゲーム(中)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1994/11/28
  • メディア: Kindle版



殺戮のチェスゲーム(下)

殺戮のチェスゲーム(下)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1994/11/28
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

小林泰三 『ドロシイ殺し』 [SF・ミステリなど]

シリーズ三作目。

思弁的であることと論理的であること、そして屁理屈屋であることはそれぞれどう違うのだろう。
そんなことを登場人物たちの会話から考えた。

ドロシイ殺し (創元クライム・クラブ)

ドロシイ殺し (創元クライム・クラブ)

  • 作者: 小林 泰三
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2018/04/28
  • メディア: 単行本



タグ:小林泰三
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ハーラン・エリスン 『ヒトラーの描いた薔薇』 [SF・ミステリなど]

怒りに満ちた力強い短編集。

いかにもSFという作品、そうでない作品。
魅力的な作品、そうでもない作品。
なかなかバラエティーに富んでいる。

個人的にはジーン・ウルフの短編集を読み終わってすぐに読み始めたので、
頭が、いや気分が切り替えられなくて、それは失敗だった。

ヒトラーの描いた薔薇 (ハヤカワ文庫SF)

ヒトラーの描いた薔薇 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: ハーラン・エリスン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ジーン・ウルフの記念日の本』 [SF・ミステリなど]

この間久しぶりに新ドラマの初回を見てみたら、あからさまな説明ゼリフにしらけてしまい途中で嫌になった。

この短編集は、それとは正反対で語られる内容からどんな世界のどんな話か徐々に理解していく過程を楽しめる。こういう小説が好きだ。

ジーン・ウルフの記念日の本 (未来の文学)

ジーン・ウルフの記念日の本 (未来の文学)

  • 作者: ジーン・ウルフ
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 2015/05/15
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

京極夏彦 『虚談』 [SF・ミステリなど]

連作短編集。
怪異の話だが、よくある怪談にならないように書かれている。
それが功を奏しほんのりとしたユーモアが感じられる。良作。

虚談 (怪BOOKS 幽BOOKS)

虚談 (怪BOOKS 幽BOOKS)

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/02/28
  • メディア: 単行本



タグ:京極夏彦
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

田中啓文 『シャーロック・ホームズたちの新冒険』 [SF・ミステリなど]

連作短編集第二弾。
設定などにひとひねりを加えて、楽しい作品となっています。

シャーロック・ホームズたちの新冒険

シャーロック・ホームズたちの新冒険

  • 作者: 田中 啓文
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2018/02/28
  • メディア: 単行本



タグ:田中啓文
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

京極夏彦 『ヒトごろし』 [SF・ミステリなど]

悪くない。でも、最高ではない。

主人公がひどい人間なのにたいへん興味深く魅力的だ。
そのため、序盤から楽しめる。

しかし、主人公が歴史上の実在の人物なので、あからさまに史実に反することは書けない。
後半それが足かせとなって、爆発的な面白さにはならなかったように感じる。

ヒトごろし

ヒトごろし

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/01/31
  • メディア: 単行本



タグ:京極夏彦
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - SF・ミステリなど ブログトップ