So-net無料ブログ作成
SF・ミステリなど ブログトップ
前の10件 | -

フィリップ・K・ディック 『シミュラクラ』 [SF・ミステリなど]

どう評価するか難しいなぁ。

冒頭からひきつけられるし最後までどうなるのかわからないので、良い小説の最低条件は満たしている。ディックらしい状況・ガジェット・登場人物があふれている点も良い。

一方、ストーリーの起伏・盛り上がりに欠けるところ、一見バラエティーに富む登場人物が基本的には同じような行動原理に従い状況に流されていくところが残念だ。

シミュラクラ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

シミュラクラ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: フィリップ・K・ディック
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/11/21
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ケン・リュウ 『母の記憶に』 [SF・ミステリなど]

日本での第2短編集。
前作同様、人生の大事なことがらを扱ったSFだ。
考えようによっては若干重い。決して読みにくいということではないのだが。

そこで、個人的な理由から全部は読まないことにして、
古沢訳のみ読んだ。ページ数で全体の半分弱だ。

とにかく、リュウが注目すべき重要SF作家であることは間違いない。

母の記憶に (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

母の記憶に (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

  • 作者: ケン リュウ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

スタニスワフ・レム 『ソラリス』 [SF・ミステリなど]

昔、旧訳を途中で挫折した。

今回、NHK 100分de名著を2回まで視て、
昔テレビで放映されたタルコフスキー版のおぼろげな記憶の助けも借り、
無事読み終えた。

50年以上前の作品なのに、作品中のソラリス学が現在の脳科学の状況を皮肉っているようで
おもしろい。なかなか対象の本質に迫れない感じがねぇwww

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: スタニスワフ・レム
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/04/08
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:

フィリップ・K・ディック 『去年を待ちながら』 [SF・ミステリなど]

冒頭から魅力的でない登場人物たちの面白くない話が続く。
中盤、ドラッグ描写のあたりから俄然面白くなってくる。
そして、ディックならではの現実崩壊感がいくらか味わえる。
しかし、終盤もうひとつ盛り上がらない。

ディックの数ある傑作群からは一段落ちるなあ。
でも、読んだ時間がムダと言うほど悪くはないよ。

去年を待ちながら〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

去年を待ちながら〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: フィリップ・K・ディック
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/09/21
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー 』 [SF・ミステリなど]

好きな作家たちの書き下ろし短編集だ。

それぞれ良かったが、一番強く印象に残ったのは、
我孫子武丸の「プロジェクト:シャーロック」だ。
これを第1章として力のあるSF作家が長編化したら、
おもしろいディザスターSFになるんじゃないかな。

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/09/07
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

中村融 編 『12の奇妙な物語 夜の夢見の川』 [SF・ミステリなど]

奇妙な味の短編集。ちょっとホラーより。
よかった。
中村融編の未読短編集が二冊積ん読状態なので
少しずつ読んでいこうかな。

最近イマイチ調子が悪くて、
短編集か慣れ親しんだ作家の作品しか読む気がしないなあ。
夜の夢見の川 (12の奇妙な物語) (創元推理文庫)

夜の夢見の川 (12の奇妙な物語) (創元推理文庫)

  • 作者: シオドア・スタージョン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2017/04/28
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

コードウェイナー・スミス 『三惑星の探求 人類補完機構全短篇3』 [SF・ミステリなど]

長めの中篇「嵐の惑星」が素晴らしい。
面白いお話として純粋に楽しめる。
ありそうでなかなか無いんだよね。そういう作品。

他の人類補完機構シリーズの短篇も良い。

三惑星の探求 (人類補完機構全短篇3)

三惑星の探求 (人類補完機構全短篇3)

  • 作者: コードウェイナー・スミス
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/08/08
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

小林泰三 『わざわざゾンビを殺す人間なんていない。』 [SF・ミステリなど]

発端が密室殺人で結末で謎解きが行われるし、
ホラーな描写も時々出てくるが、
メインはゾンビを題材にしたSFだと思う。

いかにも小林泰三らしい作品だ。

主人公がエキセントリックなのだが、その理由は最後の方でわかってくる。
変に理屈っぽい会話が随所に出てきて、そこも面白い。

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。

  • 作者: 小林 泰三
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2017/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:小林泰三
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

大森望・日下三蔵編 『行き先は特異点 (年刊日本SF傑作選)』 [SF・ミステリなど]

素晴らしい作品とよくわからない作品と。
よくわからないものは「わからないまま楽しむ」ことにした。

以前から好きな作家たちは相変わらずの健在ぶりだが、新しい才能との出会いはなかったなあ。

行き先は特異点 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

行き先は特異点 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

有栖川有栖 『濱地健三郎の霊なる事件簿』 [SF・ミステリなど]

奇妙な短編集。
ホラーとしても、ミステリとしても、特に優れたところのない作品だなあ。

濱地健三郎の霊なる事件簿 (幽BOOKS)

濱地健三郎の霊なる事件簿 (幽BOOKS)

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/07/29
  • メディア: 単行本



タグ:有栖川有栖
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - SF・ミステリなど ブログトップ