So-net無料ブログ作成
ファンタジー俳句 ブログトップ

情景の説明 [ファンタジー俳句]

ロボットのごとき腕生やしたる宇宙船
雪山や竜にまたがる老戦士
三日月の中に立つ竜どうやって

こういう情景を説明しただけの句は良くないんだろうな。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

第7回 [ファンタジー俳句]

バイユーやワニが飛び出るリモコンで
赤マント大佐の正体荒鷲か
狼を露払いとして幽剣士
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

第6回 [ファンタジー俳句]

辿り来て突如現る口凶暴
星の杖持ちて抜け出る赤レンガ
蝙蝠や破片粉々窓破る

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

第5回 [ファンタジー俳句]

原子炉にスペースファイター二機三機
蒼い夜行き交う人々宇宙服
魔法火の巨大な影は鬼の指
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

第4回 [ファンタジー俳句]

雪野原赤子抱きたる逃亡者
触手ある丸型ロボット女司祭
鏡像はドクロとなりて手紙読む

実は下の本に触発されてこんなことを始めたのだが、そこに書かれている10のルールのうち
目標レベルを明確にする
すぐフィードバックが返ってくる仕組みをつくる
が守れていない。どうしよう。



たいていのことは20時間で習得できる

たいていのことは20時間で習得できる

  • 作者: ジョシュ・カウフマン
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2014/09/20
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

第3回 [ファンタジー俳句]

斧ふるうマウントポジション原住民
中年の宇宙人かな雪惑星
浮遊する働く車若葉色

第2回 [ファンタジー俳句]

押し寄せるタイヤを片手で止める母
包帯で目が見えないのに拳銃か
太陽光パネルに映える星燃える

うーん、いくらでも駄作が連発できるな。
なんらかの評価添削システムを導入しないといけない。
句会というのが昔からあるそのシステムなんだろうな。

ファンタジー俳句 第1回 [ファンタジー俳句]

昔集めたファンタジー画像をランダムに表示し、それをもとに俳句を作った。
だからなんだと言われても困る。
自分でもどこに行き着くのかわからない。

せまり来る覆面戦士が鉄の爪
馬具つけた額になぜか角がある
暗闇にパーツをつなげただけの顔

ファンタジー俳句 ブログトップ